自力で浮気調査するのと探偵に浮気調査を依頼するのはどちらが得?

自力で浮気調査、探偵に浮気調査を依頼、どちらが得なのか?

自分で浮気調査をするのか?探偵に依頼するのか?
パートナーの浮気調査をしたいと考えた時、この選択肢を迫られます。

それぞれメリットとデメリットがありますので、それを踏まえてどちらが費用をかけずに、浮気の証拠を取得できるのかを解説したいと思います。

浮気調査を自分でする場合

メリット

・費用が掛からない。
自分で浮気調査をする事で一番大きなメリットは、費用が掛からないという事です。
一人で調査をするので探偵に依頼するより、人件費や報酬金等がかからないのが最大のメリットです。

ただ、浮気調査をするとなると、浮気の証拠を撮影するために調査機材などを購入する必要があります。
探偵社の中には機材のレンタル販売を行っているところもあるので、利用を検討してみると良いでしょう。

・簡単に浮気を見抜く方法がある。

自分でパートナーの持ち物にGPSを仕掛けることで、常に尾行せずとも居場所の確認ができます。
パートナーの居場所がラブホテル付近やデートスポットで長時間滞在していたら、浮気をしている確率が高いといえます。

浮気の慰謝料請求を考えず、浮気をしているかどうかを、知りたい人などにおすすめです。


デメリット

・浮気調査がバレる可能性が高い。

パートナーの浮気で精神的に不安定になっている状態で浮気調査すると、浮気を調べるために行う普段とは違う仕草や言動で、浮気を調べていることがバレる事があります。

また、浮気の証拠写真を押さえる為には、尾行が必要になります。

尾行調査は、ただ単にバレずに付いて回るという事だけではなく本人にはもちろん周りからも怪しまれないようにする、様々な技術が必要です。 また、顔が知られている尾行調査は、バレる可能性が高くなるので、相当な尾行の練習が必要になります。

・証拠を押さえられない
証拠はできる限り明確に鮮明に写っている必要があり、誰だとハッキリと言い切れないような不鮮明なものや暗すぎるものは証拠として使えません。

ラブホテルから出てくる所を撮影しようにも、いつ出てくるのかも分からず、ずっとひたすら待つ必要があり出てきたらその瞬間を写真で押さえる必要があります。

焦って撮影しようとする事で写真がブレたりラブホテルからの出入り口から外れてしまっては、証拠とはならないのです。

精神的負担が大きい

浮気の現場や数々の証拠集めのために尾行・張り込み・撮影などを自分でしなければなりません。

ただでさえ浮気している可能性があって精神的には苦しい中で、ラブホテルなどから出てくるといった浮気の現場を直接目にする事になり精神的な負担はかなり大きくなる事が考えられます。

浮気調査を探偵に依頼する場合

メリット

・依頼すれば待つだけ。

契約が成立し調査に着手してもらえば後は結果を待つだけになります。
尾行・張り込み・撮影など様々な調査や証拠を探偵や調査員が集めてきます。

その場合様々な機材を使ってもらえる事や経験やノウハウなどを生かしてしっかり調査してくれるので、信頼できる探偵に依頼できれば安心して任せる事ができます。

・バレる可能性が低い。
探偵が調査する場合は対象者とは面識がないので、たとえ目が合ってしまったとしても浮気調査をしているとバレる可能性は低いです。
自分で調査をする時はもし一度でも目があってしまうとバレてしまいますが、調査員だと顔は知られていないため、よほどの下手な調査でない限りバレる可能性は少ないと言えます。

依頼者の方も依頼すれば普通の生活をしていられるので、自分で調査するよりもバレにくい傾向にあります

・機材が充実している
探偵によっては機材の豊富さを売りにしている所もあり、専門的な機材や特殊な機材を揃えそれらを使って調査を行います。

探偵はその時の状況に合わせて臨機応変に撮影機材を使用します。
例として専門的な機材で言えば、暗い場所でも明確な写真を撮影できる、暗視カメラなどの機材が取り揃えられています。

仕事道具の一環として購入するので個人ではなかなか買えないような高価な機材を揃えている場合が多いです。


デメリット

・費用がかかる。
一般的な浮気調査の費用は30万〜100万円と言われています。
とても安いと言い切れる金額ではないので依頼するかしないかを決める時にも慎重になる金額です。

・悪徳業者に騙される可能性がある

探偵自体は国家資格などが必要なく探偵業開業届は必要になりますがなろうと思えば誰でも「探偵」と名乗る事ができます。

高額な料金を請求される可能性や素人並の経験しかない探偵に当たる可能性も捨てきれない事から、こういった事がデメリットとして挙げられます。

裁判をしようと考えた時

浮気調査をして慰謝料を請求しようと考えている時は、裁判で使うために証拠能力の高い証拠が必要になります。

これは「第三者が見ても明らかに肉体関係が認められ不貞の証拠と言えるようなもの」である必要があります。
一度きりの過ちだったと言い逃れされて浮気された方が泣きを見ない為にも、「継続的な関係だったという証拠」があれば言い逃れされる事もなく依頼者の有利に裁判を運ぶ事ができます。

・鮮明で明確な不貞の証拠が複数。
・メールやLINEや会話の録音などで不貞を認めているもの。

などが必要になり、それに付随するという形でしたら配偶者と浮気相手の2人の記念写真のような物でも、不貞の証拠を強固なものにするという意味で使える可能性はあります。

調査は探偵か?自分か?どちらがいいのか

裁判を起こすつもりはなく反省させたいだけであれば、自分での調査でも配偶者に対する効き目はあるはずです。
女性とのキス写真とLINEのやりとりだけでも、夫の反省を促すには十分という場合があるかも知れません。

反省を促したりやり直す事を考えているのであれば自分でする浮気調査でいいのですが、仮にこの事実を突きつけた時に配偶者が別れると言い出し、離婚の原因は浮気ではなく他の原因だと責任転嫁される可能性を考慮すると、自分での浮気調査だけでは浮気を問う事や慰謝料を求める為の証拠としてはとても弱いものになります。

裁判で慰謝料を取り離婚したい場合は、探偵に依頼し確実な証拠を押さえる方がいいと言えるでしょう。
裁判次第で調査費用などを請求できる場合もあるようなので、裁判や慰謝料を考えるのであればプロである探偵に依頼すると確実な証拠が得る事ができるのを理解しておきましょう。

この事から、浮気された方が一番泣きを見ないためにはまず裁判に使えるようなしっかりとした証拠を揃えておく。
反省させる事や夫婦でやり直す事を目的とするならば、弱い証拠だけを見せて相手の真意を問う事もできます。
その後の相手の出方次第で、切り札として強い証拠を裁判で使うという方法もあります。


さいごに

ここまで浮気調査を自分でする場合と探偵に依頼する場合とでメリットやデメリットをご紹介してきました。

これらの事から探偵に依頼する場合に一番ネックとなっているのは料金の事になるかと思いますが、最近では様々なプランの内容などを事細かにホームページで公表している事務所も数多く存在します。
費用体系を明確にわかりやすく設定している会社などもありますので、料金の比較する事は容易になってきました。

浮気調査をしようと考える際にはここまでご紹介してきた事を比較検討する際の参考にしてください。

関連リンク